主婦の働き方

【紹介予定派遣】直接雇用へ切り替えの話。30代主婦が契約社員になるぞ!の巻

紹介予定派遣として働き始めてから3ヶ月が経過しました。

派遣開始からわずが1ヶ月で同じチームの人が急に部署異動になってから、必死で仕事をする毎日を送っている、オタク主婦あ〜ちゃんです。

あわせて読みたい
異動人材不足不満
チームメンバーが突然の部署異動。人員不足だから派遣が補充されたんじゃないの?紹介予定派遣のフルタイム勤務として無事に社会復帰することが出来たオタク主婦あ〜ちゃんです。 働き始めて数日は、朝起きて仕事に行くだ...

まさしく家と会社を往復するだけの日々。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
今回は、今の私の現状と直接雇用への切り替えについてのお話です

紹介予定派遣で働き始める時に聞いていた話と違う!

紹介予定派遣として働き始める時に聞いていたのはこんな内容。

  • 派遣期間中は、仕事に慣れてもらう程度の仕事量
  • 直接雇用になったら仕事の幅を広げていってもらう予定
  • 派遣期間中の残業は、どうしてもの時だけ(たまにあるかもしれない)
  • 直接雇用への切り替え後は残業が増えるかもしれない

紹介予定派遣として働き始めたばかりの最初の一ヶ月は聞いていたような仕事内容でした。生活リズムに慣れるまでは大変でしたが業務内容的にはそこまで難しくなく、残業もほとんどありませんでした。

しかし、メンバーが部署異動後は、ガラリと生活が変わってしまいました。

異動してしまった正社員が担当だった業務内容に、毎朝9時半までに終わらせなければいけない業務があります。

その方の業務は、ほぼ私が引き継ぐことになりました。そのため、今は毎日、始業開始の30分以上前に出社し仕事を始めています。

派遣先の会社の規則としてノー残業デーと決められている日以外は、ほぼ毎日、定時後も残業をしています。

そしてノー残業デーでも朝9時半までに終わらせないといけない業務をやらなければいけないので、正社員より早く出社して始業前から仕事しています。

私は今は派遣なので派遣先の会社のノー残業デーとか関係ないんです。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
最初に聞いていた話と全然違う

紹介予定派遣は直接雇用へ切り替わるのが前提ではあるけれど?

一緒に働いている上司は、私が4月から契約社員になる前提で派遣として働いているのを知っています。

そのため『4月からはもっと働いてもらうから!』と嬉しそうに言ってきます。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
正直、今の仕事量でもう、いっぱいいっぱいなのですが

当初は、派遣期間中の3月末までは時間をかけてゆっくりと仕事を理解しながら覚えて、4月からバリバリ業務を行ってもらう予定だったそうです。しかし、予定外の異動により、そんな時間も余裕もなくなってしまったため、今の状況になっているとのことでした。

「誰かが抜けたならその穴を埋めなければいけない」これは仕事をする上で仕方がないことだとは思います。

しかし、人が足りないから補充して欲しいと願い出た本人が、まだ働き始めたばかりの派遣に、引き継ぎ3日間で正社員の仕事を押し付けて自分は異動するのってどう思いますか?

しかも、異動後にその元メンバーの正社員と顔を合わせた時に「私はうまくやれなかったけど、“あ〜ちゃんさん”なら上手にやれると思うから大丈夫だと思う」と言われ、あー私は生贄にされたんだなって感じました。

上司は、そもそもメンバーが異動した原因が上司自身にあることを知りません。自分が原因だと思っていないから、異動したメンバーが無理だと思ったことを私にも言ってきます。

こっちは、嫌だなと思っても仕事なので、表面上うまく流しながら、対応しますけどね。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
正社員同士、うまくやってよ。そもそも人が足りなくて私が補充されたはずなのに、また、人が減るってどういうこと!?

これが本音です。

派遣元から直接雇用への意思確認の連絡がきました

派遣元から直接雇用への切り替えの意思確認の連絡がきました。紹介予定派遣の場合は、直接雇用へ切りわかるだいたい1ヶ月前くらいに連絡がくることが多いようです。

派遣元から連絡がきた時に「はい!喜んで直接雇用へ切り替えを希望します!」とは、正直、返事が出来ませんでした。

  • 事前に何も説明がなくメンバーが異動となり人員が減ったこと
  • 当初聞いていた話と違い、ほぼ毎日、残業の日々

派遣元の担当へ、「こんな状況でこのまま直接雇用へ切り替えるか迷っている」と今の素直な気持ちを伝えました。

そして、事情が事情なだけにずっと気になっていたけれど、直属の上司に聞くことの出来なかった『今後、人は増やす予定があるのか?増えるなら、いつ増えるのか?』ということを派遣元から会社に聞いてもらうことにしました。

このまま契約社員になると考えた時に、

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
このまま2人で仕事を続けるのは辛い

と思っていたので。

私が、そんな不安?不満?を持っているとは思っていない上司の元にも、私の直接雇用への切り替えについて、所属長から話が言ったようでした。

上司から『あなたの仕事ぶりについては全く問題ない。って答えておいてあげたからー。良かったねー。』と言われました。

言われた私は苦笑いで「ありがとうございます。」と大人な対応をしました。

『あー、この人(上司)は私が4月からもここで働いていることを当たり前だと思っていて、私が迷っているなんてこれっぽっちも思わないだけでなく、こちらにも選ぶ権利があるのに、自分が許可してやったぜ!くらいの気持ちなんだな。そんなんだから同じチームの人に異動希望されちゃうんだよ??』

仕事内容的には、面白いし、このまま続ければスキルアップは出来ると思うのです。

とりあえず人が増えるのかどうか、それによって今後のことを決めようと思っています。人が増えるのならば、今より業務負担も減るだろうし、またチームの雰囲気も変わるだろうし、直接雇用で働いてみようと思っています。

もし増える予定がないと言われたら、今回の直接雇用への切り替えの話は断るつもりです。

まとめ

紹介予定派遣は、会社にも労働者にも、そのまま直接雇用へ切り替えるか、切り替えないかを選択する権利があります。

少しでも不安があるのならば、派遣元の会社にしっかり気持ちを伝えましょう。

紹介予定派遣の場合、ほとんどの派遣元の会社は「派遣社員が直接雇用へ切り替わった時に派遣先の会社から人材紹介の成約料がもらえる仕組み」になっているため、自社の社員でいるうちは、しっかりと対応してくれるはずです。

うまく派遣会社を利用するようにしましょう!

追記:朗報!4月から人が増えるらしい!

派遣元から派遣先に確認してもらったところ、4月1日付けの人事異動によって正社員が1名増員される予定とのことでした。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
良かったー!!

直接雇用に切り替えるか、このまま派遣として契約終了にするか悩んでいましたが、一番大きな懸念材料が解決することがわかったので、直接雇用に切り替え契約社員となることにしました。