夫婦で楽しむ趣味

【感想】ロゼリアのライブビューイングに参戦!ライブと同じように楽しめた!

ライブビューイング

大好きなRoseliaのライブが幕張メッセで開催されることになりましたが、九州在住の私には遠くてライブに行くことが出来ません。そこで福岡の映画館でのライブビューイングに参戦することにしました。

初めてライブビューイングに参加した時の経験を活かした今回のライブビューイングは、準備もバッチリでとても楽しかったです。

ライブビューイング
ライブビューイングってどんな雰囲気?マナーは?初めて行く時の疑問を解決!好きなアーティストのライブに行きたいけど、ライブ会場が遠くて参加できないことって結構ありませんか? 私は『BabG Dream!』...

これからライブビューイングに参加する人が楽しめるように、今回のライブビューイングの様子をまとめてみたいと思います。

ライブビューイングとは?

ライブビューイングとは

ライブやコンサート、イベント等に行きたいのに、

  • チケットが売り切れてしまって行くことができない
  • 会場が遠くて参加することができない

こんな時に、ライブやイベント会場の様子を、自分の家の近くの映画館などで生中継してくれるのがライブビューイングです。

ライブビューイングのことを省略して『ライビュ』と呼ぶこともあります。

ライブビューイングのメリットとデメリットは?

ライブビューイング

ライブビューイングのメリット

実際にライブやイベント会場の映像を観覧できるため、会場に行くことができなくても会場と一緒に楽しむことができるのが、ライブビューイングの最大のメリットです。

また、映画館の大きなスクリーンにライブ映像を生配信してくれるので、出演者のアップ映像や、全体の映像が、ライブ会場の座席位置によっては、ライブ会場で見るよりも、ライブビューイングの方が、映像が見やすい可能性があるのもメリットかもしれませんね。

ライブビューイングのデメリット

ライブビューイングのデメリットは、やはり、実際に自分の目の前に出演者がいないことです。生のライブ会場、生で見る出演者、生で聞こえてくる音って本当に良いですよね。

ライブビューイングは、どう頑張っても実際のライブには勝てません。でも、実際にライブに行けないからの選択肢がライブビューイングになるわけなので、このデメリットは我慢して受け入れるしかないでしょう(笑)

ライブビューイングの事前準備

ライブ前に出たアルバムを買って、歌を聞き込んで曲を覚えることはライブに行く準備としてしますよね?それはライブビューイングでも変わらないです。基本的には、ライブに行く時と同じ準備をして、ライブビューイングに備えます。

Roseliaライブグッズ

ペンライト(サイリウム)を購入

初めてライブビューイングに行った時は、ライブビューイングの雰囲気もわからなかったので、ペンライト(サイリウム)を持参しませんでした。

ライブビューイング会場の映画館でもライブグッズの販売があると聞いていたので、ペンライトが欲しくなったら、映画館で買えば良いやと思っていたんです。

しかし、前回のライブビューイングで、

  1. 実際のライブ会場とライブビューイングは同じような雰囲気
  2. ライブグッズはすぐに売り切れる

というこの2点を学んだため、今回はライブグッズの先行販売で、絶対に欲しかったロゼリアのペンライトを購入しておきました。

今回のライブビューイング会場でも、ほとんどの人がペンライト(サイリウム)を持参していました。立たずに座って観ている人も、座りながらペンライトを振っていましたね。

ペンライト(サイリウム)の使用が禁止されていないのであれば、使うか使わないかは別として、持って行くと安心して楽しめると思います。

Roselia 5th☆LIVE ライブビューイングの感想

Roselia(ロゼリア)ライブ今回のBanG Dream! 5th☆LIVE Day2:Roselia -Ewigkeit-のライブビューイングの感想を一言で表すと、

最高に盛り上がって、号泣もしたし、超絶、楽しかった!

今回のライブは、バンドリのRoseliaのバンドメンバーである”リサ姉”というキャラクターを演じている声優の遠藤ゆりかさん(ゆりしぃ)の芸能界引退が決まっているため、遠藤ゆりかさん(ゆりしぃ)のいるロゼリアとしては最後のライブでした。

いつも以上に今回のライブは特別なライブでした。

ライブが始まると、曲の演奏中は、ライブビューイング会場でも立ってライブを楽しんでいる人が多かったです。もちろん、曲の演奏中でも、トークの時でも、変わらずにずっと座っている人もいました。

なかには、座席が一番通路側の人で周りに迷惑をかけない程度にオタ芸をしている人もいたし、みんな様々に、マナーを守りながら自分の好きなようにライブビューイングを楽しんでいるように見えました。

しかし、しっとりしたバラード曲では、さっきまで立ったり、オタ芸をしていた観客も全員座って、ただただ歌に聞き入っていたり、思い出の曲を演奏しながら泣いているバンドメンバーがスクリーンに映し出されれば、ライブビューイング会場でも、みんな泣いていたり。

もちろん私も必死でペンライトを振りながら、大号泣しました。

ライブビューイングでも、その出演者のことが大好きなファンの集まりだということは、ライブと同じなのです。

全員で推し色にペンライトを変えたり声出ししたりと、ライブ会場に負けないくらいライブビューイング会場も盛り上がり、観客に一体感が生まれ、実際にライブ会場にいるかのような感覚になることができました。

全力で楽しめたー!とにかく、楽しかったー!

今回のライブ内で発表がありましたが、私の大好きなRoselia(ロゼリア)6人目のメンバーとして『中島由貴(ゆっきー)』さんを迎えて、新たなステージへ一歩踏み出しました。これからも変わらずに応援したいと思います♪♪

最後に

前回以上に思いっきりライブビューイングを楽しむことができました。ペンライトがなかったら、私もみんなと一緒に参加してる!という実感が掴めずに少し冷めてしまい、ここまで乗り切れなかったかもしれないなぁと思います。

大事なのは、

ライブとライブビューイングは会場が違うだけ。あとはライブもライブビューイングも同じだよ

ってことだと思います。

もしもまた、『遠くて行けないけど、行きたいなと思うライブのライブビューイングが福岡であるなら参加する?』と質問されたなら、私の答えは『もちろん!参加する!』です。

これからライブビューイングに参加する方、思いっきり楽しみましょ〜!