主婦の働き方

【これが現実】寿退社し正社員で事務職への再就職を目指すなら覚悟が必要!

現実結婚後退職正社員難しい

共働きが当たり前となってきている現在。

できる事なら結婚しても今の職場で働き続けたいけど、

  • 遠距離恋愛をしている。結婚と同時に引っ越さないと。
  • 結婚相手もしくはあなた自身が転勤族。今はよくてもそのうち転勤が・・・
  • 激務で残業が当たり前。このままじゃ家庭と両立なんて無理!

こんな理由でせっかく正社員で勤めているのに仕事を辞めないといけない女性も世の中には多いのではないでしょうか。

実際に私も、結婚を機に地方から東京へ引っ越すことになって新卒から勤めていた正社員の仕事を辞めたひとりです。

地元が大好きだったので転勤のない安定した地方の会社を選び、事務職として勤めていました。結婚出産して復職する人も多くとても福利厚生が整った職場だったので、自分もずっと定年まで働く気満々だったんですけどね。

まさか自分が会社を辞める日がくるとは・・・人生って何があるかわかりませんね。

定年まで同じ会社で働くつもりでいたので当然、特別な資格など持っていませんでした。

20代前半なら事務職で正社員として転職できる可能性はまだまだあるでしょう。若さは武器です。

しかし、20代後半や30代になると「長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を対象」と書かれた求人が事務職では多くなり、応募できる求人自体が少なくなるのが現実です。

事務職の正社員を目指すあなたの最大のライバルとなるのは、若い未婚女性

ましてや結婚しているとなると、採用してもすぐに妊娠して産休育休を取得することになるのではないかと企業側は懸念します。

採用面接で今後の出産の予定については聞いてはいけないことになっていますが、実際に結婚後に転職活動をしていて「お子さんのご予定は?」と聞かれた経験が何度もあります。

結婚しているからって子どもについて質問してくるけど、若くて未婚でも思いもよらず妊娠する可能性だってあるんだからね!と心の中で叫びながら何度も質問に答えてきました。

「今は子どもについては考えていない。まずはしっかり仕事を覚えることが優先だと思っている」と答えても、「結婚しているのに?でも年齢的にも子ども欲しいでしょ?」など、しつこく言われとての嫌な思いをしたことも・・・ちなみにこの会社は不採用となりました。

結婚後に転職活動をし面接まで進めた時に、結婚しているかどうかや出産の予定などのプライベートに関する質問は、大手企業よりも中小企業での面接時に聞かれることが多かったように思います。特にハローワーク求人。

結婚後の転職活動で正社員を目指すのならば、ハローワークに載っている求人から探すよりも大手の転職サイト(例えばリクナビNEXT)に載っている求人に自分で応募したり、転職エージェント(同じ系列のリクルートエージェント)を利用した方が、面接でプライベートに関する嫌な質問をされることもなくスムーズに進む気がします。

特に既婚女性におすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを利用するメリットは、仲介に入るエージェントがあなたの代わりにあなたの希望条件に合った企業を見つけてくれること、また事前にあなたの状況を企業側に伝えてくれることです。

また逆も同じで、企業側の採用の手間を省くためにエージェントにてまずは判断し、企業が求める基準を満たした人のみが企業との面接に進むことができます。

実は私、大手ではなく中堅ですが転職エージェントにアルバイトとして勤めていた経験があります。そのため転職エージェントの裏事情を知っています。

転職エージェントは候補者が採用され無事に入社した時に初めて、企業から紹介料(報酬)をもらうことができる仕組みなんです。だから自分たちの紹介した人が採用されるように企業の求める人物の細かな条件を確認しています。

そのため、企業が20代前半の未婚女性を求めているのに30代の既婚女性のあなたが選考に進む。なんてミスマッチは起きないのです!

だからもし転職エージェントを利用して企業との面接に進めた状況ということは、あなたが結婚しているのを承知の上で面接しようと企業が考えてくれたことになりますよね。

正直、結婚していると事務で正社員での再就職はかなり厳しいのが現実でしょう。実際に私が転職エージェントで働いていた時も、結婚しているというだけで企業側から紹介NGとなる求職者の方も多くみかけました。

しかしそういった方の多くは第三者であるエージェントとよく相談することで自分にとって何が優先なのかを改めて確認することで、色々な形ではありますが再就職に成功していきました。

例えば・・・

  • 絶対に事務職が良い → 一般事務ではなく未経験OKの経理に挑戦
  • 正社員にこだわりたい → 時間をかけて正社員として再就職
  • 残業をしたくない → 正社員にこだわらず派遣として再就職
  • スキルアップしたい → 資格取得のため勉強をしながら転職活動を継続

もちろん一番理想的なのは、あなたの希望する職種&雇用形態での再就職です。

もしこれを読んでいるあなたが、これから結婚する予定だけどまだ結婚していないのならば、今すぐ転職活動を始めることをおすすめします。結婚して生活が落ち着くまでちょっとゆっくりしたいな〜って気持ち、すっごくよくわかります。

でも正社員として再就職したいのならば、結婚前の方が絶対に有利です。履歴書の配偶者欄の有無の違いで書類選考を通過できる率って変わってくると思うんですよ。

結婚前ならばまずは転職サイトに登録して情報を集めるところから始めてみては?

今すぐ転職サイトに登録したい方は公式HPへどうぞ
>>>リクナビNEXTに登録する

女性の転職情報集めなら、女性のための求人に特化したこちらのサイトもおすすめ
>>>女性のための転職サイト『とらばーゆ』

結婚してからでも粘り強く転職活動を続ければ事務職の正社員を勝ち取ることができるかもしれません。しかし不採用通知が続くとかなりメンタルがやられます・・・

正社員で働いていた時は、それなりに自分の仕事具合を認めてもらえていたので、それなりに自信もありました。

でも思い出してください。新卒での就職活動も何社も落ちて大変だったことを。そして、転職活動はかなり大変で落ちて当たり前だということを覚悟しましょう。

もし自分1人での転職活動に限界を感じたら、心が折れる前に転職エージェントに手伝ってもらってはいかがでしょう?
>>>転職エージェント「リクルートエージェント」の登録はこちら