主婦の働き方

面接で妊娠の予定を質問されるのはなぜ?既婚子なし主婦の転職活動

既婚子なし面接

初対面の人と話していて、こちらが結婚していることがわかると必ずといっていいほど『お子さんは?』と聞かれませんか?

そんな時、結婚しているけどまだ子どものいない皆さんは、どう答えますか?

私はいつも正直に

「まだいません。欲しいと思っているんですけどね。」

的な回答をします。

下手に濁すと、お節介な人に色々言われるので。

「欲しいけどいない」

と言うと、それ以上は突っ込まれないことが多いですね。

では、普段の世間話ではなく、採用面接で

「お子さんは?」

と質問された場合は、どう回答するのが正解なのでしょうか?

今回、ハローワークの求人に応募し採用面接でとても悲しい思いをし、子なし主婦が就職することに置いて厳しい現実に直面したので記事にしてみたいと思います。

企業は、長く働ける人を求めている

結婚している=次は子ども

というのが世間のイメージのようです。そのイメージは、私自身も結婚するまでは持っていたので否定はできません。

そのため、採用する企業側としては、

妊娠の可能性のある結婚している女性を採用したくない

これがが本音です。

せっかく時間とお金をかけて採用しても、すぐに妊娠して退職または産休育休に入られても困る

と企業側は思うのでしょう。その気持ちはわからなくはありません。

でも、独身だから絶対に妊娠の心配がない!とも言い切れないと思いませんか?

予想外の妊娠だってあるわけだし。

既婚で子どものいない女性の転職活動は、子どものことがネックとなり厳しいのが現実です。

ハローワーク求人に応募。お子さんは?と質問

ハローワークの求人検索で見つけ応募したある会社の社長面接での出来事です。

志望動機や前職の仕事内容など基本的な質問の後に

お子さんはいますか?今後のご予定は?

と質問されました。

質問された瞬間に

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
やはりこの質問がきたか

 

と思いました。

事前に、

もし面接で子どものことを聞かれたら何と答えるのが正解なんだろう?

とネットで検索しながら考えていました。

本音はどうであれ、面接の答えとして無難なのは

子どもの予定はございません。まだ考えておりません。

という回答っぽいことがわかりました。

もし妊娠しても可能であれば育休取得後に復帰して長く働き続きたいと思います。

これを言うと、産休育休狙いって企業に思われることもあるとか、ないとか。

子どもに関する本音を言えば、

予定は未定

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
そもそも予定通りにいっていないから今、仕事を探しているんです(苦笑)

そこで、無難に

『子どもはおりません。まだ予定もありません。』

と答えました。

それでこの質問も終わるかと思っていたのですが、考えが甘かったようです。

社長は続けてこう質問してきました。

もう結婚してから数年経つのに?20代で結婚しているのにどうして今まで作らなかったの?

えー!面接でそこまで聞く!?

子どもに対する考え方だって人それぞれでしょ?

さすがにちょっと傷ついて、悲しくなりました。

この会社は、ハローワーク経由での紹介で初めて面接を受けた会社でした。

私が結婚する前に勤めていた会社は、専門性の高い仕事内容だったため、その経験を活かせる仕事ってすごく少ないのです。

しかし、この会社は前の仕事に関連する仕事内容だったため、求人を見つけた時は

今までの経験が役立つ!受けなきゃ!

と思い、すぐハローワークに応募したいと相談にいきました。

紹介を受けるためハローワークの職員の方が採用担当者に連絡を取ってくれ、私の簡単なプロフィールや前職のことを説明すると、企業から

「すぐに面接に来て欲しい。」

と言われ事前の書類選考なしで、次の日に人事担当者との面接となりました。

履歴書と職務経歴書を持参し、一次面接をするとその日のうちに

『明日、社長面接に来てくだい』

と電話連絡をもらい、トントン拍子で社長面接まで辿りついたのでした。

可能ならばここで働きたい!と思う会社だったのに、この社長面接。

社長からのしつこい突っ込んだ質問に濁しながら回答するのも限界になったので、正直に回答しました。

『欲しいと思っておりましたが、子どもは授かり物ですので、今まではそういうチャンスに恵まれませんでした。今は新しい土地に引っ越してきたばかりですし、もう福岡から引っ越す予定もありません。まずはこちらでの生活に慣れることが優先ですし、腰を据えて長く働いていきたいと考えております。』

しかし社長は最後まで、

『制度的にも、産休育休は認められているし、実際にうちの社員で育休復帰後に時短勤務している社員もいるからねー。でも、あなたの年齢的にもすぐにでも子ども欲しいでしょ?』

と言ってきました。

だ・か・ら!!!! 

子どもが欲しい=子どもを授かる はイコールとは限らないでしょ?

面接後、

「この社長のもと、ここの会社で働くことは無理だな。それにあの面接の内容じゃ絶対落ちたな。」

と思いました。

案の定、今まではあんなにすぐに電話連絡をくれたのに、社長面接後は電話連絡が来ませんでした。

そして面接をした次の週に「不採用通知」と提出した書類が郵送されてきたのでした。

後日ハローワークで、社長面接で質問された内容を話したところ、

「採用面接でお子さんのことや家庭の事等は本当は聞いてはいけないことになっているんですけどね。」

と教えてもらいました。

ハローワーク求人は中小企業がメイン

大手企業や転職サイトなどに掲載料を払って求人募集をしている会社は、採用面接の時に聞いてはいけない質問をしてしまうと後から問題になるため、ほとんど質問されることはないようです。

たまたまかもしれませんが実際、女性のための転職サイト『とらばーゆ』に載っている求人に応募した時の面接では、子どもについて質問されることはありませんでした。

とらばーゆに登録する無料で簡単登録

 

ハローワークに求人を出している企業は中小企業がメインです。

また求人採用に、お金をかけたくないと考え無料で掲載できるハローワークで募集している会社も多いため、面接時に「子どもについて」聞かれることは覚悟した方が良いでしょう。

自己応募での就職活動に限界を感じたら、転職エージェントの活用がオススメ

自己応募で企業に履歴書を送ってもなかなか面接までたどり着かない、面接まで進めても採用を勝ち取ることができない日々が続くとどうしたら良いのかわからなくなってしまいますよね。

あ〜ちゃん
あ〜ちゃん
実際に私がそうでした

そんな時は、人材紹介サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

キャリアアドバイザーが希望条件に合う求人を探してくれたり、書類選考を通過し面接に進むためのアドバイスや手伝いをしてくれます。

実際には人材紹介サービスを利用せず、自己応募で頑張り続けるとしてもキャリアアドバイザーと面談をすることで「どのように転職活動をしていけば良いか」というヒントはもらえると思います!

転職エージェントに登録するなら、求人数も実績も豊富なリクルートエージェントがおすすめです!

リクルートエージェントに登録する